【スタバ新作】『スイートポテトゴールドマキアート』ホットとアイスの味の違いは?オススメのカスタマイズも紹介!

スタバレビュー

こんにちは、マッチンです。

9月20日に発売された「さつまいも」のドリンクは

フラペチーノ、マキアートのホットとアイスの3種類。

前回はフラペチーノについてレビューしました。

今回は「スイートポテトゴールドマキアート」について、

そのホットとアイスの味わいをそれぞれご紹介していきます💡

⬇️前回の記事⬇️

スポンサーリンク

【価格・カロリー・販売期間】

「スイートポテトゴールドマキアート」はホットとアイス、それぞれショートからベンティまで、4サイズの展開。

それぞれの価格とカロリーについてまとめてみました。

サイズ ショート トール グランデ ベンティ
価格(税抜き) 440円 480円 520円 560円
ホット(カロリー) 191kcal 313kcal 409kcal 503kcal
アイス(カロリー) 140kcal 202kcal 269kcal 318kcal

通年メニューの「キャラメルマキアート」と比べると、アイスではほとんど同じくらいのカロリーですが、

ホットにすると「スイートポテトゴールドマキアート」の方が100〜150kcal以上も高くなってしまうサイズも。

ダイエット中の方は注意が必要なカロリー高めのドリンクです。

販売期間  9月20日〜10月10日

※無くなり次第終了

【ホットとアイス、味の違いは?】

ホットは優しいお芋とミルクの甘さのあと、エスプレッソの苦味できちんとラテに落ち着く。

アイスはキャラメルマキアートのほろ苦さと甘みに、さつまいもの風味がプラスされたような味わいです。

ホットとアイス、同じ名前がついているドリンクですが、そのお味は全く違うといってもいいと思います。

【ホットの特徴】

ホットはきめの細かいたっぷりの泡と、その上にかけられた黄金の「芋蜜ソース」が特徴。

この「芋蜜ソース」とは、さつまいもの甘さをぎゅっと凝縮したようなシロップで、

本物のさつまいもを使って抽出しているものです。

これがただ蜜のように甘いだけでなく、皮の渋みまで感じることができるので、

そのお味はまさに「さつまいもそのもの‼︎」

この「芋蜜ソース」が乗った泡を口に含むと、ふんわりとさつまいもの甘い香り、

そしてミルクの優しい甘さにほっこり。

そしてその後にエスプレッソのコクと、ほんの少しの苦味の余韻がなんとも言えない贅沢感を味わえます。

十分甘さがありながら、きちんとコーヒー感も残した、本格的なラテに仕上がっています。

ここでワンポイントアドバイス☝️

店内で楽しむとき、ホットはぜひ「マグカップで」と頼んでみましょう。

紙のカップだとフタが付いているので、せっかくの素敵な見た目を楽しめません👀💦

フタを開けてみるとこんな感じですが、やはりマグカップの方が見た目は映えます💡

私はいつも店内で楽しむ派ですが、

「マグカップでお出ししましょうか?」と聞いてくれる店員さんと、

特に何も聞かず、紙のリユーザブルカップを出す店員さんがいます。

ぜひこちらから「マグカップでお願いします」と一言添えてみましょう。

いつも紙のカップで提供してくれる店員さんももちろん、笑顔で対応してくれますのでご心配なく。

マグで飲んでもお値段は変わりませんので、こちらもご安心を。

さらにご自分でマグカップやタンブラーを持参して、

そこに入れてもらうとなんと一杯20円の値引きに!

スタバで販売されているマグカップやタンブラーでなくても、

お手持ちの物でも値引き対象になりますよ。

これは環境に配慮した企業でもあるスタバの、エコ活動の取り組みの一環として行われているサービスですが、

私たちでも手軽に、お得に参加できるのでオススメです。

【アイスの特徴】

アイスはほとんどキャラメルマキアートと同じ味わいに感じました。

底の方に「芋蜜ソース」がたっぷり沈んでいるので、よく混ぜて召し上がれ✨

いつものキャラメルマキアートに、さつまいもの風味が加わって、

秋らしく、そしてほんのり和テイストになっています。

私はキャラメルのほろ苦さ、そしてさつまいもとミルクの甘みから、

なぜか「栗」を感じました。

さつまいもというよりも、もっと濃縮したような甘さ。

「甘栗むいちゃいました」という商品名を聞いたことがある方はいるでしょうか。

あの味を急に思い出してしまいました。

ホットよりも甘みをガツンと感じ、スイーツ感覚のドリンクですが、

その冷たさによって、スッキリとしたのどごしが楽しめました。

食後にちょっと甘いものが欲しいな、という時には特にオススメです。

【オススメのカスタマイズは?】

ホットはたっぷりの泡と芋蜜ソースの上に、シナモンパウダーをプラスしてみてはいかがでしょうか?

無料のコンディメントバーに常備してあるシナモンパウダーは、

結構なスパイシーさを持っているので、シナモン好きさんもちょっと注意が必要です⚠️

よくスーパーの食パンコーナーに一緒に売っている「シナモンシュガー」とはわけが違って、

その香りは本格的です。

「スイートポテトゴールドマキアート」のホットにかけるには、

ほんの一振りで十分。

それだけで優しいさつまいも甘さに、シナモンのくせになるようなエキゾチックな風味が香って、

「さつまいもプリン」のような味わいに。

さつまいもと泡の味わいが、優しい甘さのミルクプリン。

後から感じるエスプレッソの苦味とシナモンが、ほろ苦いカラメルソース。

蒸したての、熱いカップから香るような甘い香りとほろ苦さに、思わずよだれが垂れそうです。

そんな、ちょっと大人のプリンはいかがでしょうか。

アイスをカスタマイズするなら、ミルクを豆乳に変更(+50円)。

豆乳ベースにすることで、よりさつまいもの風味とキャラメルのほろ苦さが強調され、

より濃い秋の味を感じることでしょう。

またはミルクを無脂肪乳に変更(+50円)。

甘さ控えめで、あっさりとした味わいになるほか、

カロリーも(例えばトールサイズなら)202kcalから162kcalへ大幅カットされ、

ヘルシーに楽しむことができます。

【最後に】

さつまいもは、今の時代、別に秋じゃなくても、年中いつでも食べることのできる野菜です。

でも肌に秋の涼しい風を感じる頃になってくると、その美味しさは倍増するような気がします。

その優しい甘みはこれから冬を迎え、体も心も厳しい寒さにさらされる前の「栄養剤」。

子供の頃、学校のみんなと畑に行った「おいもほり」、

寒空の下、軽トラで売りに来るおじちゃんを追いかけて食べた「焼きいも」、

おばあちゃんが作ってくれたおやつ「ふかしいも」など、

私たち日本人には、さつまいもと密接な繋がりがあるような気がします。

そんなさつまいもの味をちょっとオシャレにアレンジ。

おなじみの野菜から、新たな魅力を再発見できるのが、この「スイートポテトゴールドマキアート」。

皆さんもよく知っている「さつまいも」の新たな味わいを見つけてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました