スタバ【チャイティーラテ】ホット・アイス味の違いは?オススメのカスタマイズも紹介!

スタバレビュー

こんにちは、マッチンです。

コーヒーの美味しさに気づき始めたこの頃。

スタバのコーヒービバレッジを次々と制覇していきますが、

元々は紅茶派の私。

たまにはお茶の魅力について語りたい!

今回は「チャイティーラテ」についてレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【価格・カロリー】

「チャイティーラテ」はホットとアイスが選べます。

価格(税抜き)とカロリーは次の通りです。

  ショート トール グランデ ベンティ
価格 400円 440円 480円 520円
ホット(カロリー) 149kcal 221kcal 292kcal 370kcal
アイス(カロリー) 159kcal 202kcal 273kcal 315kcal

同じティービバレッジの抹茶ラテよりもカロリーは控えめで、

エスプレッソビバレッジのスターバックスラテとほぼ一緒のカロリーですね。

【ホットとアイスの味の違いは?】

ホットとアイス、飲み比べてみると全く違った味わい。

ホットはふわふわの泡を通すことによって、口あたりはなめらかです。

しかしそのお味は意外にも甘すぎず、あっさり。

そして最後にシナモンのスパイシーな香りとピリリとした刺激がやってきます。

それに対してアイスの方は、ホットよりも甘さを強く感じるかわりに、

シナモンの香りは控えめ。

どこか桜もちのような和の香りを感じるドリンクでした。

【ホットの特徴】

ホットを注文する際、もし店内で飲むなら、ぜひ「マグで」と言ってみましょう。

スタバのセイレーンのロゴが刻印された真っ白なマグカップは、

紙のリユーザブルカップで飲むよりも、ラテの香りをたっぷりと味わうことができ、

温かいカップのぬくもりが、手のひらからじんわり伝わり、

心までポカポカしてくるようです。

何よりもたっぷりの泡がホットの醍醐味。

濃密なムースフォームが柔らかなタオルのように、くちびるを包み込んでくれます。

そしてシナモンの香りがスパイシーながらも、ほっと落ち着くような甘く芳醇な香り。

極上のリラックスタイムを作り出してくれます。

【アイスの特徴】

アイスは泡やクリームのない、氷のみのシンプルなラテ。

あっさりとしたミルクティの味わいに、シナモンのほのかな香りが特徴です。

さっぱり冷たいのに、シナモンが体の中から温めてくれるような気分になります。

そしてラテの甘さとシナモンの香りは、どこか「桜もち」を思わせるような、

懐かしい和の香りがしました。

ホットよりもスパイシーさが控えめでクセが少ないので、

お食事後やスイーツタイムなど、

いつでも時間を選ばず楽しめるドリンクです。

【これに合うフードは?】

スタバにはドリンクの他にも、様々なフードメニューが用意されています。

チャイティーラテのホットとアイス、それぞれに合うフードメニューはどんなものがあるのでしょう?

【ホットに合うフード】

ほっと落ち着くようなシナモンの香りとミルクの甘さが

リラックスタイムにぴったりのホットチャイティーラテには、

スタバのスイーツ、「チョコレートクリームドーナツ」はいかがでしょうか。

このドーナツはひとつ250円(税抜き)、390キロカロリーです。

しっかり密度が高めのドーナツ生地の中には、

スタバが厳選、ブレンドした特別なカカオ豆で作られたチョコレートのクリームが入っています。

外側にもこのチョコレートがコーティングされ、

チョコレート好きの方にはたまらない一品です。

甘さ控えめ、スパイシーなチャイティーラテと、

ミルクチョコレートの甘さが嬉しい、

3時のおやつにぴったりの組み合わせです。

【アイスに合うフード】

冷たいラテにシナモンがほのかに香るアイスチャイティーラテのお供には

「ブルーベリースコーン」260円(税抜き)、288キロカロリー。

スタバの人気フードであるスコーンは、ちょっと小腹が空いた時にもぴったり。

3種のブルーベリーが練りこまれており、フレッシュなブルーベリーの酸味と、

ゴロゴロと果実感のある食感を楽しむことができます。

スコーンの生地自体は甘さ控えめのシンプルな味わいなので、

ブルーベリーの甘酸っぱさによく合い、

ミルクの甘さを強く感じるアイスチャイティーラテとの相性も抜群。

ゆっくり起きた日、お昼ごはんまであとちょっとしかない時、

軽く食べたい朝ごはんにぴったりです。

【オススメのカスタマイズは?】

ホットのカスタマイズにオススメなのが、「オールミルク」です。

「オールミルク」とは、通常、お湯とミルクが半分ずつ入っているラテを、

全量ミルクで作ってもらうことです。

こうすることで、ミルクの豊かな香りと甘さがたっぷり感じられ、

リッチな味わいに。

チャイティーラテだけでなく、抹茶ラテでもオススメのカスタマイズです。

なんとこのカスタマイズは無料!

タダでいつものドリンクがグレードアップするので、

ぜひ試してみていただきたいと思います。

また、シナモンパウダーが無料のコンディメントバーに常備されているので、

シナモン好きの方はぜひ好きなだけ、振りかけてみてください。

アイスの場合は、ホイップクリームのトッピング(+50円)がオススメ。

「チャイティーラテ」のアイスは、泡も何も乗っていないシンプルなラテなので、

少し物足りない方は、ホイップクリームを乗せることで、

スイーツのような味わいに。

混ぜればさらに甘さが感じられて、甘党さんにはオススメです。

ちょっと大冒険、少しおふざけが入りますが😁💦

そのホイップクリームにさらにシナモンパウダーを振りかければ、

「シナモン オンザ クリーム オンザ シナモン」。

シナモンとクリームのサンドイッチにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【ところで「チャイ」ってなに?】

さっきからチャイチャイ言ってるけど、結局どんな飲み物なの?と思った方もいるでしょう。

シナモンの香りがするお茶?それのラテって??

「チャイ」とは、インドの公用語、ヒンディー語で、「お茶」を意味し、

インド式のミルクティーのことをいいます。

茶葉を水から煮て、ミルクと砂糖を加えて作ります。

紅茶の本場のイギリスや、日本で飲まれるものと比べて、

とても甘いのが特徴の「チャイ」。

ティーカップ1杯に対してティースプーン3杯以上の砂糖を入れるのが一般的とか。

そのため、水分としてのお茶というよりも、

インドの人々はお菓子として「チャイ」を飲んでいるのだそうです。

その甘いミルクティーに、香辛料を加えたものを「マサーラー・チャイ」といい、

シナモンや生姜、胡椒、カルダモンなどが使われることが多くあります。

スタバの「チャイティーラテ」は、

紅茶と、シナモンのスパイシーな香りをプラスしたシロップ、

そしてたっぷりのミルクを混ぜ合わせたものです。

本格的なインドのチャイよりも飲みやすく、

まろやかな甘みとコクを感じることができる、いわば「チャイ風ラテ」に仕上がっています。

【シナモンの効果】

シナモンはスリランカの「肉桂(にくけい)」という樹から作られていますが、

日本の「肉桂」の樹から作られるものは「ニッキ」といい、

これはあの有名な京都のお菓子、「八つ橋」に使われています。

香りのクセが強く、好き嫌いが分かれるシナモン。

実はたくさんの健康効果があることがわかっています。

シナモンの独特な香りは、記憶力の向上のほか、

気分を高揚させる効果もあるそう、

落ち込んだ時や、悩んでいる時にはぴったり。

スパイシーさや、甘さも感じることができるので、

前向きな気持ちにしてくれるだけでなく、

体調を整えたり、心身のリフレッシュに。

また、紅茶に入れるパウダーやスティックなど、

直接その成分を摂取することで、毛細血管の若返り効果も!

血管は栄養や酸素、老廃物を運ぶ大切な器官ですが、

その流れをスムーズにすることで、

冷えやむくみの改善、

お肌のツヤ、シミや肌荒れの改善のパワーアップにつながります。

毛細血管は頭皮にも多く張りめぐらされているので、抜け毛予防や育毛にも。

女性だけでなく、男性にもオススメのスパイスです。

また、実は口臭予防にも効果があるって知っていましたか?

シナモンには抗菌作用があり、

口内細菌をやっつけてくれることで口臭の予防につながり、

風邪などの鼻や喉を介した病気の感染を防ぐ効果もあります。

美味しく健康に、綺麗になることのできる魔法のスパイス、シナモン。

「チャイティーラテ」で、手軽に取り入れてみませんか?

【最後に】

スタバと言えば、本格的なコーヒー!という方も多いと思います。

ですが、ティービバレッジにも魅力的なドリンクがたくさん。

つい新作のフラペチーノや、定番のエスプレッソ系ラテなどに目が行きがちだけど、

たまにはお茶のメニューものぞいてみてはいかがでしょう。

特に肌寒い日や、クーラーで体が冷えた時などにあったかいチャイティーラテを飲めば、

シナモンのスパイシーな香り、

カップにたっぷりと乗せられた泡のやわらかな口あたり、

うっとりするような優しいミルクの甘さが染み渡り、

体の中からポカポカ温まるのを感じます。

冷たいアイスチャイティーラテも、

ゴクゴクとのどごしが良いのに、

ミルクとシナモンのバランスのとれた甘さがしっかり感じられ、

甘党さんも納得の美味しさではないでしょうか。

いつもコーヒーを頼んでいるけど、

今日はちょっと変わったドリンクにしようかな。

そんな冒険心が芽生えたあなた、

新しい美味しさに出会うチャンスです!

歴史ある南アジアの国、インドに想いをはせながら、

甘くてスパイシーという不思議なミルクティー、

「チャイ」を、スタバ的に楽しんでみてはいかが?

それでは、ナマステ〜🙏

コメント

タイトルとURLをコピーしました