スタバの店舗限定メニュー【ナイトロ コールドブリュー コーヒー】気になるそのお味は?普通のコーヒーと何が違うの?

スタバレビュー

こんにちは、マッチンです。

皆さんは、スタバの「ナイトロ」アイスコーヒーを知っていますか?

限定店舗でしか飲むことのできない、特別なアイスコーヒーがあるんです!

私がよく行くお店は、幸運にも、その限定店舗のひとつ。

ずっと気になっていた「ナイトロ」シリーズをようやく飲むことができました✨

さてその味とは?

全店メニューのコーヒーとは一体何が違うのでしょうか?

ご紹介します!

⬇️前回のレビュー記事⬇️

スポンサーリンク

【どの店舗で飲むことができるの?】

「ナイトロ」のアイスコーヒーは、一部の店舗でしか飲むことができません。

日本には、全国1,458店舗のスタバがありますが、

そのうち121店が、「ナイトロ」を飲むことができる限定店舗となっています。

限定といっても、ほとんどの都道府県に1店舗以上、

中には3店舗以上、取り扱っている県もあるので、

それほど珍しいわけではありません。

私の住んでいる新潟県では、5店舗で「ナイトロ」を取り扱っているようです。

皆さんのお近くのスタバも、もしかしたら対象かもしれません。

スタバの公式ホームページ、「Cafe」メニューの中から、「ナイトロ」のコーヒーをクリックすると表示される商品説明のページに、

「お取り扱い店舗一覧」という表記があるので、

そこをクリックすると、全国の「ナイトロ」取り扱い店舗が確認いただけます。

県別に検索する機能も付いていますので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

【ナイトロ】とは?

一部の店舗しか飲むことのできない、特別な「ナイトロ」のアイスコーヒー。

さて、「ナイトロ」とは一体何のことなのでしょうか。

「ナイトロ」とは、

「Nitrogen (ナイトロジェン)」、

日本語でいうと「窒素」のことです。

「ナイトロ」のアイスコーヒーには、窒素ガスを加えてあり、

この窒素ガスが、普通のアイスコーヒーとは違った口あたりを実現しています。

それでは、「ナイトロ」の技術を使った特別なアイスコーヒー、

「ナイトロ コールドブリュー アイスコーヒー」を早速レビューしていきます。

【コールドブリューと窒素の化学反応】

スタバでは、一口にアイスコーヒーと言っても、様々なタイプがあります。

熱いお湯で淹れるドリップコーヒーを、たっぷりの氷で冷やした、ノーマルタイプの「ドリップコーヒーのアイス」。

(通常、「アイスコーヒーください」と言うと、これが出てきます)

自分で好きなコーヒー豆を選ぶことのできる、「コーヒープレス」。

水でじっくりと時間をかけてコーヒーを抽出した、「コールドブリュー」。

そして、この「コールドブリュー」に窒素ガスを加えた、「ナイトロ コールドブリュー」。

それぞれ異なった口あたり、味わいを楽しむことができ、

同じコーヒー豆でも、全く別のものに感じるような変化があります。

中でも「ナイトロ」は、

単に「アイスコーヒー」と言ってしまうのが罪に思えるほどの

別次元の口あたり、クリーミーさを持っています。

それはやはり窒素ガスのおかげ。

「コールドブリュー」で抽出することで、雑味がなく、余計な苦味を抑えることで、

角が取れたまろやかなアイスコーヒー。

さらに窒素ガスを含んだことにより、全体がきめ細やかな泡をまとって、

それはまるでベルベットのような口あたりを生み出しています。

このアイスコーヒーにクリームが入っていないなんて、

にわかには信じられないようなクリーミーさもありながら、

そのお味はすっきりクリアなブラックコーヒー。

一口飲めば、今まであなたが飲んできたアイスコーヒーと全く違う口あたりに、

ただただ驚くことでしょう。

ブラックなアイスコーヒーの概念を覆す、スペシャルなドリンクです。

【コールドブリュー 専用のブレンド豆】

ドリップコーヒーのアイスコーヒーとは違い、

「ナイトロ」シリーズや「コールドブリューコーヒー」などのドリンクには、

水出しコーヒーに適した特別なブレンド豆が使われています。

それはラテンアメリカとアフリカの品種を掛け合わせたもので、

香り高く、酸味は控えめ、豊かなコクが特徴です。

その豆を水でゆっくりと14時間かけて抽出することで、さらに酸味や苦味の角が取れて

まろやかな口あたりと、雑味のないクリアなのどごしに。

ドリップのアイスコーヒーでは、熱湯で淹れたコーヒーに入れられた氷が溶けることによって冷されます。

だからその冷えたコーヒーには犠牲になった氷の血が溶け出しているのです。

ところがコールドブリューで抽出したコーヒーは、

コーヒーと氷、お互いの体温を共有しあい、

一緒にゆっくりと溶けていきます。

まるで深く愛し合っている恋人のように、

お互いを「愛すコーヒー」。

そのお味は恋人たちが見つめ合う視線のように、

甘くとろけるようです。

シロップが入っていないのに、どこか甘さを感じるまろやかな味わい。

それに窒素ガスが含まれていることで、

さらに口あたりなめらかに、クリーミーな泡も楽しむことができるのです。

一口飲めば、温かくてやわらかなブランケットに包まれているような、

優しく幸せな気分にさせてくれます。

ぜひコーヒー初心者の方から、愛好家の方まで、

皆さんに飲んでいただきたい一杯です。

【オススメのカスタマイズは?】

毎度オススメのカスタマイズをご紹介しているマッチンですが、

今回ばかりはどうか、そのままで飲んでいただくことをオススメします。

それは、このブラックのアイスコーヒーこそ、

スタバが誇る「ナイトロ」そして「コールドブリュー」の技術を

存分に堪能できる一杯だからです。

私が今までコーヒー(特にブラックコーヒー)に対して抱いていた

「苦い」「渋い」と言ったイメージを覆すほどの美味しさ。

コーヒー好きな方はもちろんのこと、

ぜひ、私のように「コーヒーが苦手」という方に飲んでいただきたい!

まずは何も加えず、スタバの導くままに、

めくるめくコーヒーの世界に足を踏み入れてごらんなさい…。

と、声を大にして伝えたいですが、

店員さんに確認したところ、

「もちろん、カスタマイズも大歓迎ですよ!」とのこと。

なんだか重厚感アリアリな「ナイトロ」メニューの写真だったので遠慮してしまいそうですが、

ほとんどのカスタマイズが可能とのことなので、気兼ねなくカスタマイズを楽しむことができますよ😄

私も「ぜひそのままで!」と言いつつも、

2杯目、3杯目からはちょっとカスタマイズしたい欲が出てきそうなので😁、

試したらまたご紹介しますね✨

【最後に】

「コールドブリュー」って最高って思ってた…。

だけどもっとその上があったなんて。

私が知らないコーヒーの世界に一歩足を踏み入れたような気分です。

カフェラテどころか、ミルク9割のコーヒー牛乳派だった私も、

スタバとめぐり合ってからは、コーヒーの美味しさに気付き、

最近ではコーヒー豆の味わいの違いにも興味を持つようになりました。

コーヒーはブラック、カフェラテ、カフェオレなど、

その砂糖やミルクの量によって様々に姿を変えますが、

使用するコーヒー豆や、淹れかた、

ホットで飲むかアイスで飲むかなど、

その多様性は無限大!!

さらにスタバではフラペチーノとしてスイーツのように楽しむことができたり、

窒素ガスで起こる化学反応を使った「ナイトロ」など、

まるでワンダーランド。

まだ大きな世界の入り口にやっと立ち始めた私ですが、

これからも新たなコーヒーの魅力を発信していきたいと思います。

コーヒー初心者の方も、ヘビーユーザーの方も、

ぜひお付き合いいただけたら光栄です✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました