スタバ【コールドブリューコーヒー】普通のコーヒーと何が違うの?

スタバレビュー

こんにちは、マッチンです。

今回はスタバのコーヒービバレッジの中から、

「コールドブリューコーヒー」についてレビューしたいと思います。

今日なに飲もうかな?と迷ったら、

ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

【コールドブリューってなに?】

「コールドブリュー」とは、「水出し」のこと。

通常、アイスコーヒーといえば、

熱湯で淹れた熱いコーヒーを、

氷の入ったグラスに注ぎ入れることで冷やしたもののことですが、

熱を加えず、水で長い時間をかけてゆっくりとコーヒーを抽出することを、

「コールドブリュー」といいます。

スタバでは14時間かけて抽出しており、

コーヒー豆が持つ旨味や香り、コクが最大限に引き出されています。

【普通のコーヒーとの味わいの違いは?】

煮出したコーヒーを氷の入ったグラスに注いで作ったアイスコーヒー。

それでも十分美味しいじゃないか、と思う人もいると思います。

しかし「コールドブリュー」の美味しさを知ったら、もう戻れないかも…。

それには理由があります。

まず煮出して作るコーヒーは、熱によってコーヒー豆の成分が壊れ、

特にドリップコーヒーはコーヒーフィルターを使うことで、豆の油分や皮の成分を取り除いてしまいます。

さらに氷が溶けることで、やはりコーヒー自体が薄くなってしまい、

本来の香りやコクも変えてしまいます。

そこへ余計な水分が加わることで雑味や酸味の原因にもなり、

コーヒーの苦味やえぐみが強調されたような、

トゲのある味わいに感じてしまうことがあります。

しかし「コールドブリュー」により、豆に熱を加えず、成分を守ることで、

そのコーヒー豆が持つ本来の香りやコクをそのまま味わうことができます。

さらに熱湯の時と違って、氷が急激に溶け出すことがなく、

氷とコーヒーがお互いの体温によってゆっくりと少しずつ溶けていき、

独特のとろみを生み出します。

だから口あたりはまろやか。

そしてコーヒーの深いコクや香りはそのままに、

苦味や渋みの角を取り除いたような、甘ささえ感じる丸みを帯びた味わいを楽しむことができます。

それでいてブラックコーヒーらしいスッキリとしたのどごしは、

まるでお茶のようにキレがよく後を引かないので、乾いた喉を潤すのにぴったりです。

まろやかでスッキリ。

正反対のような表現だけど、飲んでみたらきっとあなたも

その不思議な口あたりに驚くことでしょう。

【どんなコーヒー豆を使っているの?】

この「コールドブリューコーヒー」に使われているのは、

「ラテンアメリカ」と「アフリカ」の豆。

その味わいは酸味が抑えられ、豊かなコクがあり、

香り高いのが特徴。

この豆から作られたコーヒーをコールドブリューにすることで、

さらにその香りとコクを味わうことができます。

これはスタバが厳選、「コールドブリュー」のためにブレンドしたものであり、

他のコーヒードリンクでは味わえない特別なものなので、

同じアイスコーヒーを頼むなら、

ぜひ「コールドブリュー」を選んでみてはいかがでしょうか?

【これに合うフードは?】

まろやかな味わいとスッキリとしたのどごしは、

お食事と一緒に、食後の一杯に、午後のティータイムに、

いつでも楽しむことができます。

今回は軽めに済ませたいランチタイムにぴったりの組み合わせをご紹介。

「エビ&スイートチリソース サラダラップ」

スタバのサンドイッチメニューの1種。

パプリカが練りこまれているトルティーヤ生地に巻かれたのは、

スイートチリソース で和えられたエビ・カリフラワー・人参・赤ピーマン。

酸味と甘辛さが癖になるスイートチリソースと、ごろごろダイスカットのエビ、

人参や赤ピーマンの細切りのシャキシャキ食感。

異なる食感や味がぎゅっと詰まって、まるで様々な民族と文化が入り乱れる多国籍バザール。

私がオススメする食べ方は、涼しい部屋を飛び出して、わざわざ炎天下でこのサラダラップを食べること。

異国のような熱風と香りを感じて乾いた喉と体に「コールドブリューコーヒー」を流し込みたくなるはず。

3時のおやつには、

「ニューヨークチーズケーキ」

2種類のチーズを使い、酸味とコクのバランスが取れた本格的なニューヨークチーズケーキは、

すっきりとしたアイスコーヒーとの組み合わせが最強。

濃厚で甘い口どけかと思いきや、後に残るのはヨーグルトを思わせるようなさっぱりとした酸味。

それに「コールドブリューコーヒー」を合わせて、

甘すぎない、クールなティータイムはいかがでしょうか。

【オススメのカスタマイズは?】

「コールドブリューコーヒー」の醍醐味は、

そのコーヒー豆の香りとコクを最大限に味わうことにあります。

そして煮出したのでは味わえない、まろやかな口あたり。

それらを存分に楽しむためには、やはりそのまま飲むべきだと思います。

なので、今回はぜひカスタマイズなしで、

スタバ自慢のブラックなコールドブリューコーヒーをいただきましょう。

ですが…

実は私、やってみたいと思っていたことが一つ…。

それは、💥禁断のホイップクリーム追加(+50円)💥

だって、まるでコーヒーフロートみたいになりそうなんだもの…。

やってみたくないですか?😁💦

まろやかになったアイスコーヒーと生クリームは、きっと合う…。

そう思っているのですが、スタバこだわりの「コールドブリューコーヒー」にそんなことをするなんて!と怒られやしないかと、

オーダーする勇気が持てずにいます。(笑)

でもそのうちスタッフの方と仲良くなれたら、こっそり頼んでみたいと思いますので、

その時はレビューをお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました