【パパの育児絵日記】〜ディズニーへ行くぞ編〜(後編)

夫婦の子育て絵日記

こんにちは、むっちんです(^^)

今回のお話は、ディズニーへ行くぞ編(後編)になります。

⬇️前編はこちら⬇️

一日目はいろいろありましたが、ディズニーランドを満喫できて気分は最高(^^)♪

今日はディズニーシーを満喫してきます‼︎

さて今回はどんなトラブルが待っているのでしょう…

スポンサーリンク

【嫌われ者】

ディズニーシーに到着した僕たち家族。

まずはお決まりのビールで乾杯(^∇^)♪天気も良く、気分は最高です!!

長女がメリーゴーランドに乗りたいと言うのでアラビアンコーストへ行くことに。

ポップコーンを頬張りながら目的地に到着!

座って乗れるメリーゴーランドもあるので1歳の次女も乗ることができます。

長女はジーニー🧞‍♂️に乗りたいと言うので『よし、じゃあパパと一緒にのるか?』と聞くと、

『やだ、絶対に。』

とパパを拒否する長女…

というわけでママと長女、パパと次女ペアで乗ることに…^^;

順番がきたので次女を抱っこして乗ろうとしたとき、まさかの次女まで海老反りでパパを拒否。

係員を待たせ、なんとか無理やり乗ることに成功した僕たちでしたが、

無理やりメリーゴーランドに乗せられた次女は最後まで泣いてましたとさ…。

【長すぎる待ち時間】

その後も色々と食べ歩きながら次にやってきたのがアクアトピア。

長女が、これならパパと一緒に乗ってもいいと言うので2人で並ぶことに💡

30分待ちだったので娘と喋っているうちにスイスイ進み、あと一歩のところまで来ました。

その時、ボソッと娘が『おしっこ出るかも』と言ったのが聞こえたパパは聞こえなかったフリをして進みます。

しかしもう少しのところで

『パパおしっこ漏れそう‼︎』

と限界を迎えた様子…

あと一歩というとこでシブシブ断念してトイレへ。

トイレを済ませた娘に『残念だったね』と伝えると『また並ぼ‼︎』と言ってパパの手を引っ張ります。

諦めたんじゃなかったのか…

結局もう一度並び、途中で疲れた娘を30分抱っこして、ようやく乗ることができました。

パパの疲れはマックスです…。

【パパおしっこ】

辺りも暗くなり、ディズニーシーの素敵な街並みを堪能しながら最後のショーを待ちます。

そしていよいよショーがスタート♪

ちょうどその時、パパはトイレに行きたいかもと感じ始めていました。

でも我慢できそうなのでそのままショーを見ることに。

ショーが始まると徐々にオシッコに行きたくなるパパ。

季節は1月。寒さがより一層トイレを近づけます…

途中で行こうかと思いましたが、隣で感動しているママの雰囲気を壊したくないパパはひたすら我慢‼︎

ママは感動して涙を浮かべてるようですが、僕も泣きたい思いでした💦

ショーが終わり、パパはソッコーでトイレに駆け込みますが、すでに満員…

漏れる寸前のとこでギリギリセーフ‼︎

ホッと胸を撫でおろすパパでした(^^;;

【行ってしまうのですか?】

ディズニーシーも満喫して、あとはホテルに帰ってママとお酒でも飲もうとルンルン気分のパパ。

長女を抱っこして永遠に歩き続けた体にホテルはまさに天国♪

沢山の荷物を持ってシャトルバス乗り場にへ行くと、ジャストなタイミングでバスが到着していました‼︎

ベビーカーを押しながら猛ダッシュで乗り場へ向かう僕たち家族。

なんとか間に合った‼︎

パパがベビーカーを畳んでるうちにママと長女が先に乗り込みます。

そんな時に限ってうまくベビーカーを畳めず、悪戦苦闘するパパ。

その時、

『ブォォォオオオオオ』

という音が聞こえ、振り返るとバスが発車していました…

慌てて半開きのベビーカーと次女を抱っこしたまま並走するパパ。

一瞬バスの速度が緩んだので

よし、間に合った!と思った瞬間、

『ォォォオオオオオオオオオオ!!!』

とアクセル全開でバスは走り去って行きました…。

走り去っていくバスを見つめる僕の瞳に映ったのは、

僕たちが乗ってないことにも気づかずに笑顔で後部座席に座ろうとしている妻と長女の姿でした…。

夜中から寝ずに車で5時間かけて連れてきたディズニー…

なけなしのボーナスを叩いて連れてきたディズニー…

娘の笑顔を見たい一心で連れてきたディズニー…

そして今、みんなを連れてきた僕は置いていかれました…。

『あの人置いてかれたよ!』と言う見知らぬ子の声が虚しく響きます…

大荷物を持ったまま次の便に乗り、ようやく合流すると腹を抱えて笑うママと娘(・_・;

一言、言ってやろうと思っていたパパですが、そんな陽気な2人を見て怒る気力も無くなってしまったパパでした…(ー ー;)

いろいろトラブルはありましたが、思い出としては100点満点の旅行になりました♪

ディズニーはどんな時でも夢と思い出を作ってくれる素敵なステキな国でした^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました