【赤ちゃんと楽しむディズニーランド】一緒に楽しめるアトラクションや便利なサービス、施設を紹介!!

ディズニー

こんにちは、マッチンです。

先日我が家の次女もついにディズニーデビューしてきました!

生後8ヶ月でのディズニー、ちょっと早い気もする…と少し心配でしたが、

長女が運動会で頑張ったごほうびにと、思い切って行ってみることにしました。

結果、親子ともに無理なく、安全に楽しむことができたので、

私たちのディズニープランをご紹介します!

これからディズニーデビューを控えるベビーや

まだ小さなお子様がいるパパ・ママのご参考になれば嬉しいです😊

スポンサーリンク

【ベビーカーを活用しよう!】

まだ長く歩くことのできないお子さんがいるなら、ベビーカーは必須アイテムです。

始めは楽しみながら歩けても、子供の足で広いパーク内を徒歩で移動するのは厳しいです。

また、ある程度大きくなって、走り回るようになると、大人が付いていくのも大変になります。

そんな時、やっぱり便利になるベビーカー。

子供を乗せるだけでなく、かさばって重いママバッグやリュックなどの大きい荷物を乗せるのにも役立ちます。

車でディズニーランドへお越しの方は、お手持ちのベビーカーを自宅から持ってくるのがオススメです。

駐車場からパークまでの間はちょっと子供の足には長い距離を歩かなくてはいけませんので、

ベビーカーに乗せていけば、始めから疲れてぐずるということも少なくなると思います。

もしベビーカーを持っていない場合は、パーク内で貸し出しを行なっているので利用すると良いでしょう。

ベビーカーや車いすの貸し出しは、エントランスを抜けてワールドバザールの手前、右側にある施設で行なっています。

⬇️詳しい場所と料金はこちらをご覧ください。⬇️

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

電車や新幹線、高速バスなどでお越しの方は持参せず、パーク内で借りるのがベター。

駅構内は混雑しますし、電車・新幹線内では折りたたむ必要がある場合も。

特に小さなお子さんを連れての移動はなるべく身軽な方がいいと思います。

また、もし2日続けてディズニーリゾートに滞在する場合、

2日分の料金を支払っておけば、そのままホテル等に持ち出し可能。

ランドでもシーでも返却できるので、とても便利です。

【ベビーセンターを活用しよう!】

まだミルクや母乳メインの乳児は、お食事タイムのタイミングや場所も難しいところですよね。

ディズニーランドでは、「ベビーセンター」という授乳や離乳食、オムツの交換などができる赤ちゃんのための施設が2つあります。

ひとつは「ワールドバザール」内。

エントランスを入場してから右側に向かって歩くと、

トゥモローランドにたどり着きますが、その手前あたりです。

もうひとつは「トゥーンタウン」、アトラクション「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」の隣にあります。

ふたつのベビーセンターでは、

  • 大人用トイレ(子供用シートあり)
  • オムツ交換ベッド・着替え台
  • 授乳室(カーテンありの個室とカーテンなしのチェアが置いてあるスペース)
  • ミルク・離乳食があげられるお食事室
  • ミルク・離乳食用のお湯の提供
  • 電子レンジ
  • 流し台(哺乳瓶やお食事セットを洗える洗剤あり)

などの赤ちゃんや子供のお世話をするのに必要なものが揃っています。

また、お家から持ってきたストックがなくなった!という時にも、

  • 粉ミルク・液体ミルク・ベビーフード・ベビー飲料・赤ちゃん用のお菓子の販売
  • ガラス哺乳瓶(240cc)
  • 紙オムツ・おしりふき・ウエットティッシュの販売
  • 赤ちゃん用日焼け止めの販売
  • ベビーカー用レインコートの販売
  • 子供用パンツ(男の子用・女の子用)

などのサービスがありますので、いざという時、赤ちゃん連れには心強い味方です。

⚠️購入できるものは各ベビーセンターで多少異なりますので、

詳しくは公式WEBサイト「Disney Mama Style」をご覧下さい⬇️

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

立ったままオムツの交換や、着替えなどができる着替え台もあり、

寝かせられるのが嫌いで暴れてしまうという子でも安全にオムツ換えができるので安心です。

そして私が利用した時、多くの赤ちゃん連れの方でにぎわっていたお食事室には、

テーブルのついたベビーチェアが置いてあるので、

赤ちゃんに離乳食を食べさせるのにとても便利でした。

特に離乳食スタート期の赤ちゃんは、なかなか落ち着いて食べてくれなかったりして、

お家でも毎回食事タイムが大騒ぎ…というパパママも多いのではないでしょうか。

我が家でも、長女も次女もいつも食事の時は戦争のよう…。

今回は初めてベビーセンターを利用したのですが、

意外にも次女が落ち着いて食べてくれて、びっくりしました。

その秘密はこのベビーチェアと、その前に置いてあるソファーにあるのかもしれません。

食べやすい姿勢を保つことのできるハイロータイプのチェアに赤ちゃんを座らせ、

大人がソファーに座ったまま、赤ちゃんに離乳食をあげられるので、

お互いに落ち着いた気持ちでお食事タイムを過ごすことができます。

以前長女がディズニーに行った時は、ベビーフードを購入して外のベンチで食べさせたのですが、

ものの数秒で暴れ出し、まだ一口も手をつけていないベビーフードが地面に落下…。

こんな良い所あるならその時もここへ来ればよかった…と思いました。😅

乳幼児を連れて行くなら、ぜひベビーセンターの位置をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

【赤ちゃんでも楽しめるアトラクション】

ディズニーランドのアトラクションは、身長制限があるものや、小さなお子さんにはちょっと怖い演出のあるものがあります。

特に1歳未満の赤ちゃんは、なかなか家族いっしょに楽しめるアトラクションが少ないと思います。

そんな中、私たちが見つけ出した、1歳未満の赤ちゃんも安全に楽しめ、家族も満足のアトラクションを紹介します。

「オムニバス」

ワールドバザールを通り抜け、シンデレラ城の手前にある広場の周りを周回する2階建てのバス。

トゥモローランド側のパレードルートのあたりに乗り場があり、

約6分かけて、パークの美しい風景の中を走ります。

乗り物が好きな男の子は特に喜ぶのではないでしょうか。

まだ8ヶ月の次女も、

普段、自家用車にしか乗ることのない4歳の長女も、

珍しいバスの乗車に楽しそうにしていました。

そして大人も、いつもと違った目線でパークを一望できるのが新鮮で、

家族みんなで楽しむことができました。

「ウエスタンリバー鉄道」

アドベンチャーランドにある、蒸気機関車に乗ることができるアトラクションです。

こちらも身長制限がなく、家族みんなで乗ることができます。

赤ちゃんは膝に乗せたり、抱っこひもで抱っこしたままでもOK。

少し大きいお兄ちゃん・お姉ちゃんも楽しめる内容になっているので、

赤ちゃんに合わせて退屈…ということもありません。

また、一度に140名ものお客さんを乗せることができるので、

待ち時間が短いという利点も!

ゆっくり15分かけてアドベンチャーランドの森の中を進み、

インディアンの生活をのぞいたり、

太古の昔に想いを馳せたりすることができて、ちょっとした冒険気分を味わえます。

ただ、後半少し長い時間、暗闇の中を進んだり、

リアルな恐竜のそばを通ったりするので、

怖がる赤ちゃんもいるかもしれません。

うちの次女もその場面では泣いてしまいました…。

でも、明るい場所に出るとすぐに気分が切り替わって、楽しんでいてくれたかな?と思います。

(そうだと良いのですが…)

赤ちゃんの性格や、月齢を考慮しつつ、

乗せてみるかどうか検討してみてくださいね。

「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”」

こちらもアドベンチャーランドにある、シアター型のアトラクション。

天井から降りてくる色とりどりの鳥たちはとっても個性的。

うっとりするようなハーモニー、

ユーモアたっぷりのおしゃべりに、大人も子供もじっと聞き入ってしまいます。

そこへ登場するのは、人気者スティッチ!

大人も子供も、うちの長女も大興奮でした。

まだスティッチを知らない次女は、歌う柱に見入っていましたが…😂

約10分のショーですが、たっぷりストーリーも歌も楽しめる内容になっています。

少し暗くなる場面があったり、鳥などの人形が怖いと感じるお子さんもいるかもしれません。

でもパパ・ママが抱っこしながら鑑賞することができるのも安心ポイントです。

「カントリーベア・シアター」

ウエスタンランドにある、シアター型のアトラクション。

こちらではゆかいで可愛らしいクマさんたちのコンサートが行われています。

約15分のショーでは、クマさんの楽しいおしゃべりや歌を聴くことができ、

思わずお客さんもノリノリに!

ただ少し暗がりの室内で、ライトアップされたクマさんたちはちょっと怖いと感じるお子さんもいるかもしれません。

大きなクマさんの声が低かったりするのも、苦手なお子さんがいるかも。

こちらも抱っこしながら、お子さんの様子を見ながら鑑賞するのがオススメです。

「トムソーヤ島いかだ」

ウエスタンランドにある乗り場で地図をもらったら、丸太のいかだでアメリカ河を渡ります。

その先に待っているのは冒険の島、トムソーヤ島。

「トムソーヤの冒険」というお話に出てくる、

「インジャンジョー」の洞窟や、「ハックルベリー」の沼、ツリーハウスなど、

パパやママも幼い頃に絵本で読んだことがあるような世界が広がっています。

歩けるお子さんはどんどん進んでいくので、パパ・ママは頑張ってついていきましょう。

まだ歩けないお子さんも、抱っこで参加できますが、

洞窟やツリーハウスの中はとても狭く、

細身の大人ひとり通るのもやっと。

できれば持っている荷物を最小限に減らしておいたほうがいいかもしれません。

(いかだ乗り場にベビーカーは置いておきます)

でも乗り物系アトラクションに乗れない小さいお子さんには、

この島での冒険が一番スリルがあって楽しめるかも!

うちの4歳の長女も、これが一番楽しかったようで、

「わたしが隊長になる!!」と言って、地図を両手に勇敢に突き進んでいました。

ぜひ一緒に島内を周って、いろいろな発見をしてみましょう。

「イッツ・ア・スモールワールド」

ファンタジーランドのランドマーク的なアトラクションです。

20名乗りのボートに乗って、水の上を進んでいく、ゆったりとした動きでリラックスできます。

実は2018年に大幅リニューアルされ、とってもカラフルに変身を遂げました。

以前からあった世界の子どもたちの人形はそのままに、

背景などの色合いがビビッドに着色し直されたり、

イラストが可愛らしく、ポップになりました。

そして、その人形の中には、ディズニー作品のキャラクターがたくさん隠れているのです!

わたしと長女も「あ!あそこに〇〇がいる!」と、

見つけるたびに歓声をあげていました。

ディズニー好きにはたまらないアトラクションです。

ここは室内で、水の上を進むので、とても涼しいのも魅力のひとつ。

暑い夏には本当に助かります。😂

歩き疲れたパパ・ママにも、癒しの空間になっていますので、

ぜひ休憩がてら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「トゥーンパーク」

トゥーンタウンの小さな公園のようなスペースは、

地面が柔らかい素材でできていて、転んでも安心!

特に歩き始めのお子さんが楽しめるような場所になっています。

待ち時間もなく、フリータイムで遊べるので、

上のお子さんがアトラクションに乗っている間、

小さな下のお子さんはここで遊びながら待っているのもオススメです。

ミッキーが作ったという彫刻は、

なんともいえないゆるいデザイン。

どれもみな、丸みを帯びた形をしていて、万が一ぶつけても安全です。

「ミニーの家」

トゥーンタウンにある、人気キャラクターたちの家の中でも、特に楽しい仕掛けがあるのが、

このミニーの家。

ミニーらしい可愛くおしゃれなインテリアと、

キャラクターたちの生活がうかがえる楽しいオブジェ。

家具や家電、調理器具も本物そっくりで、

でもどこかファンタジーな魔法に満ちあふれています。

自由にぐるりと見て回れるので、小さなお子さんにも楽しめる内容になっています。

こちらは怖いことが全く起こらないので、赤ちゃんにも安心。

階段の昇り降りなどもないので、パパ・ママにも優しいつくりになっています(笑)

【赤ちゃんとママは散策メインで!】

私たち家族はパパ・ママと長女4歳、次女8ヶ月の4人家族。

今回、ディズニーランドが楽しめるようになってきた長女がパパと、

初めてディズニーランドにやってきて、ただ抱っこされているだけの次女がママと過ごすのがメインになりました。

ちょっと怖いアトラクションに挑戦する長女はパパを頼りにしていますので、信頼感が芽生えるのを期待して、

ママと次女は、ディズニーランドの散策を楽しみます。

今まで長女が「早く遊びたい!」または「あれ買って!これ買って!」とうるさいので、

なかなかお土産ショップには長くいられなかった私たち。

今回はパパと長女がアトラクションに行っているすきに、

次女を抱っこしながらゆっくりと見ることができたので、

ママは大満足でした。(買う量は変わりませんが)

また、今までは足早に通り過ぎるだけだったパーク内の美しい風景をゆっくり見ながらお散歩することで、

いつもよりもその雰囲気にたっぷりと浸かることができました。

赤ちゃんが乗ることのできるアトラクションもたくさんありますが、

やはり長時間並んだり、途中で泣いてしまったりすることもあるので、

なるべくお散歩や休憩の時間を持つことが大切かと思います。

一度乗ったら降りられないアトラクションよりも、

自由に出入りすることのできる、「トゥーンパーク」や「ミニーの家」などのオープン型アトラクションを利用するのもオススメです。

また、もしも赤ちゃんが泣いてしまったら、

大人が思っているよりも体力を消耗したり、夏場は特に水分不足が心配されるので、

アトラクション前後のこまめな休憩と水分補給を忘れずに。

家族みんなで楽しむために、無理なく余裕を持ったプランを立ててみましょう💡

自己紹介
このブログを書いた人
ムッチンマッチン

こちらは夫ムッチンと妻マッチンの育児ブログです。
3歳差姉妹を育てるパパとママが、育児や家事に関する便利な情報を発信します。

ムッチンマッチンをフォローする
ディズニー
スポンサーリンク
ムッチンマッチンをフォローする
【ムチマチブログ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました